待機児童の解消、男性の育休取得率13%等、具体的な目標を閣議決定


政府は平成27年12月25日、第4次男女共同参画基本計画を閣議決定しました。

第4次男女共同参画基本計画とは、「男女共同参画社会基本法」に基づき、「施策の基本的方向」及び「具体的な取組」を定めるものです。

この中で、

・男性中心型労働慣行等の変革と女性の活躍
・平成29年度末までに待機児童の解消を目指す
・今後5年間で男性の育休取得率13%を目標とする

これらの目標と計画が設定されました。

今後の働き方改革の方向性や、政府の考え方について動画で解説します。

(動画を観るには会員登録とログインが必要です)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る