[女性活躍推進法] 女性のみを求人対象としたり、女性を有利に扱うことが認められる特例

 

女性活躍推進法は女性の活躍の推進に努めることを企業に義務付けています。

女性がさらに活躍するための計画書の作成が平成28年4月から会社に義務付けられます(常時雇用する労働者が301人以上に限る)。

計画書には「管理職(課長級以上)の女性を2人以上増加させる」などといった具体的な目標を掲げる必要があります。

また、作成した計画書は社内へ公表したうえで労働局にも提出しなければなりません

併せて、女性のみを求人対象としたり、女性を有利に取り扱うことが認められる特例が設けられました。

男女雇用機会均等法の原則に対する特例にについて社会保険労務士が動画で解説します。

(動画を観るには会員登録とログインが必要です)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る