バブル期を上回る売り手就活市場 東京の倍率はリーマン直後の3倍超え

都内の有効求人倍率 バブル期上回る売り手市場
東京労働局は1月29日に「一般職業紹介状況」を公表しました。 「一般職業紹介状況」とはハローワークにおける求人、求職、就職などの状況をとりまとめたものです。 平成27年12月分の有効求人倍率は1.89倍となりバブル期を上回る高水準となりました。 このニュースは1月30日の日経新聞朝刊でも取り上げられて注目を集めました。 有効求人倍率の状況について社会保険労務士が動画で解説をします。 (動画を観るには会員登録とログインが必要です)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る