非正規賃金上がりやすく 熟練度を反映 日経新聞一面より

非正規賃金上がりやすく 熟練度を反映 日経新聞一面より
日経新聞は2月7日(日)付の朝刊で「非正規賃金上がりやすく 熟練度を反映」と一面に掲載しました。 正社員との間に賃金格差を設ける場合、技能や勤続年数といった「熟練度」の考慮を義務化する政府案を報じたものです。 日経新聞は「経験豊かで生産性の高い非正規社員らの賃金を上がりやすくする」としています。 法律が改正された場合、賃金差を設けた企業には「なぜ非正規が正規よりも賃金が低いのか」、熟練度の観点から合理的な説明責任が課されると予想されます。 政府が検討している改正案と現行法について社会保険労務士が動画で解説をします。 (動画を観るには会員登録とログインが必要です)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る